不動産に目を向けて考える

狐と狸の化かし合いに似ている。反対に、不動産に目を向けて見ると、安全という部分での配慮は大きく欠落している。こう申し上げると「不動産は動かないものであるから工場で生産するようにはいかない」との反論もあるのではないかと思う。宅地においては、傾斜地での造成工事、自然破壊による災害の誘発、地質調査なしの盛土、更に最も悪質なのは、地中に建築廃材を投棄した上への盛土などで、いずれも安全性とは無縁のものがまかり通っている。公共的事業である区画整理事業でも、単なる区域内の残土の移動であり、地質についての安全性についてはなんの保証もなく、所有者または買手の責任となる。売買される対象物がなんの保証もなく、それについてなんの情報も得られないところに問題があるのだ。公共の区画整理事業で販売された宅地を、Aさんは坪当たり二○万円で買った。宅地に住宅を建設するため、地質調査を業者に依頼したところ、地質改良のために一五○万円かかるとの報告を受けた。同じ時期にBさんも坪当たり一八万円で買入れした宅地に住宅を建てようと思い、Aさんからの情報を基に、同じく地質調査を依頼したところ、この業者からのBさんへの報告は四五万円であった。Aさんは憤慨して、販売した事業組合に、Bさんとの差額一○五万円の補償を求めたが、全く相手にされなかった。普段は遊び道具でも緊急時には非難用具になる設備もあると安心です。←こちらではさまざまな不動産を見られます。

DY071_L